コラム 口臭サプリ

口が臭い主な原因はバクテリアが原因!有効な3つの対策方法について

更新日:

スポンサードリンク

口臭の主な原因ですがバクテリアが口腔内で増殖することにより臭いを発します。
そのため、口の中をうがいや歯磨きなどで清掃することでバクテリアの増殖を防ぐことができ臭いの発生を抑えることが出来ます。

また、バクテリア以外でも口臭の発生の原因となり、虫歯の原因となるミュータンス菌についても口臭の原因となる酸っぱい臭いの元になります。
こちらも同様、歯磨きをしたり、むし歯の治療をすることにより口臭が軽減します。

 

バクテリアの発生は口臭の原因の元となる

口臭の発生の原因ですが、多くは口の中に原因が潜んでおり、主な口臭の原因はバクテリアが原因であることが多いです。
バクテリアは、病原菌が体内に入ることを防ぐために必要な菌です。

ですがバクテリアは口の中に潜む病原菌を退治する上で揮発性硫化化合物という臭いを発生する化学物質を生成します。
この揮発性硫化化合物が口臭の元になりますので、如何に口腔内にいる細菌を洗い流し清掃するかが口臭を防ぐ手立てとなります。

本来ですと唾液が働き口腔内の細菌とバクテリアが増殖することを抑えるのですが、生活習慣の変化と共に唾液が減少するとバクテリアが増殖してしまいます。

 

どうしてバクテリアが口臭原因になるのか?

口臭原因はバクテリアが原因の殆どと言われており、口臭が酷い人の多くは口腔内のバクテリア数が多いです。

歯磨きを習慣化している人と、そうではない人では、口腔内のバクテリア数が何倍も違っています。

バクテリアには体に侵入する病原菌を倒す効果もあり、存在が全て否定されるものでは無いです。

ただし、そうしたバクテリア活動の結果、揮発系硫化化合物と言われるガスが発生し、このガスが口臭の正体となります。

バクテリアガスの成分は20種類程ありますが、以下の3種類が主な成分です。

  • 硫化水素(卵が腐ったような臭い)
  • メチルメルカプタン(魚や野菜が腐ったような臭い)
  • ジメチルサルファイド(生ごみのような臭い)

口臭はこうしたガス成分が混じり合って、不快な臭いとして生じるものですから、口腔内バクテリアを抑制する事が口臭対策で重要になります。

 

バクテリアの増殖を防ぐには

バクテリアの増殖を防ぐ方法ですが、バクテリアは主に増殖をする上で二酸化炭素を好みます。
口腔内に溢れる唾液の中には酸素が入っているため唾液を出すことでバクテリアの増殖を防ぐことができるのです。

ですがバクテリアを抑えるために常に唾液を出すと言うことは不可能ですので、主な簡単に出来る対策としては歯磨きです。
歯磨き粉は口腔無いの状態を清潔に保つために口腔内を中和する役割があります。

この中和をするという役割りは非常に大きく、口腔内が酸性に傾くと虫歯になりやすくなり、アルカリ性に傾くと歯に歯石が溜まり、歯茎が下がってしまいます。

これを中和することが出来るのが歯磨き粉による歯磨きですので歯磨きをすることではの内部を綺麗に保ち、口腔内を中和することで菌の増殖を防ぐと良いでしょう。

 

ミュータンス菌による口臭

ミュータンス菌は主に砂糖のような甘い物質をエサとして活動します。
活動する上で、歯のエナメル質を溶かし歯を溶かすことで歯に穴を開けます。
歯に穴を開けて虫歯を作る上で口腔内が酸性に傾き臭いが発生します。

ミュータンス菌は酸を作り出しその酸ではを溶かして虫歯を作りますので虫歯の進行度合いによって口臭の原因となる臭いも変化し、だんだんと臭いが強くなるのが特徴です。
それと並行し歯茎の健康状態が落ちることによる歯周病なども口臭の原因となります。

歯周病の場合は歯に歯石であるプラークが付着することにより起こり、プラークは口腔内がアルカリ性になることで発生します。
その為口腔内は酸性、アルカリどちらかに傾くことで口臭の原因菌を生み出してしまうと言うことになります。

 

ミュータンス菌の発生を防ぐには

ミュータンス菌も同様に歯磨きで抑えることが出来ます。
ミュータンス菌は酸性の状態に口腔内が陥っていることでなります。
そのため、アルカリ性の歯磨き粉や中性の歯磨き粉で中和することで菌の発生を防ぎ、歯磨きをすることで歯に付着している菌を洗い流すことが出来ます。

口の中を如何に中性に近づけることが出来るのかが重要ですので歯磨き粉や、うがい薬等を使用して口の中を中性に近づけると共に、清潔にしておくことが重要です。
食べ残しなどがある場合ですと、それを栄養にして再度ミュータンス菌が活発になりむし歯を作ろうとして臭いが発生してしまいますので食べ残しが出来るだけ無いように歯磨きをすることが重要です。

 

歯周病を防ぐには?

歯周病も口臭の原因となる一つの病気です。
歯周病を防ぐには歯に歯石をできるだけ付着させないようにするしかありません。

歯石を取るには歯医者さんで歯石を取るしか方法は無く、歯石を付着させないためには口腔内をアルカリ性に傾けないようにすることです。

歯磨き粉を使用して口腔内を清潔に保てば中性に傾きますのでまず歯石がつくことは軽減されます。
ですが、歯石はどうしても付着しますので歯医者に行き歯石を取ることで歯周病の原因を取り除くしかないです。

 

バクテリア抑制の強い味方は唾液

口臭原因になるバクテリア抑制には唾液が強い味方となり、バクテリアは酸素が少ない環境が大好きですから、口の中に酸素供給の役割を担う唾液量が口臭を決めると言っても良いでしょう。

バクテリアにとって酸素が敵ならば、沢山息を吸い込めば良いと考えがちですが、口を通過する空気は口腔内乾燥を促し口腔内に酸素供給されず逆効果になりえます。

睡眠中に口を開けて寝る方は、口腔内が乾燥して強烈な口臭を起こすと言われるのは、唾液量が少なくバクテリア繁殖するからです。

虫歯が悪化するのも睡眠中と言われ、睡眠時の口腔内乾燥からバクテリア繁殖して、それが口臭だけではなく虫歯を誘発させます。

睡眠中の唾液分泌量はどうしても減りますから、睡眠前にバクテリアを取り除くために歯磨きをすると、睡眠中のドライマウスが影響でバクテリア繁殖を抑える事が可能です。

唾液分泌量が多い方は口臭が少ない傾向にあり、唾液分泌量が減る原因としては、緊張時や空腹時、口呼吸や加齢といったものが挙がります。

一般的に口腔内の唾液量は25歳前後をピークとして低下しますから、高齢者程口腔内が乾燥して口臭発生しやすくなるものです。

リラックス状態だと唾液量が増えるとされ、バクテリア繁殖を防いで口臭を防いでくれます。

 

 

口臭対策に有効な3つの方法

口臭対策で有効な3つの方法として挙がるのは、歯磨き、唾液分泌促進、定期健診です。

歯磨き

バクテリアの抑制には、歯磨き等の口腔内清掃は重要であり、適切な歯磨きはバクテリア数を減少させてくれます。

睡眠前の歯磨きはタイミングとして適切であり、睡眠中は唾液減少で口腔内乾燥によってバクテリア繁殖しやすいですから、睡眠前にバクテリアを減らしておくのは有効です。

起床直後もバクテリア繁殖しているので、朝起きて歯磨きするのも適切なタイミングと言えるでしょう。

食後の歯磨きによって、食べかすを取り除く事も必要ですが、食事した直後の歯磨きはリスクがあると言われています。

食後すぐは口腔内が酸性化し、唾液によって自然と中和されますが、歯磨きすれば唾液が流れて中性にならないのです。

それによって口腔内の酸性化が保たれて、バクテリア繁殖を招きますから、食後は歯間ブラシやつまようじ等で大きい食べかすを取り除く事が望ましいでしょう。

唾液分泌促進

唾液を増やすにはリラックスさせる事が大事ですが、空腹時にはガムを噛むのも有効対策になります。

歯磨きや唾液分泌促進等はセルフケアで対応出来ますが、定期健診で歯医者にチェックしてもらうのも重要です。

歯石等は歯医者で取り除いてもらうのが望ましいですし、歯石が付いたままでは口臭の他にも虫歯、歯周病といった病気の原因にも繋がります。

定期健診

定期的に専門知識を持った方に見てもらう事で、口腔内環境が良い状態に保たれ、結果的に口臭対策にも繋がるものです。

歯磨き、唾液分泌促進、定期健診の3つを心掛けると、口臭に悩んでいる方には有効でしょう。

 

口臭の原因と対策まとめ

口臭の原因はバクテリアやミュータンス菌、歯周病菌といった具合に口腔内で菌が増殖することで起きます。
口臭を防ぐためには菌の発生を防ぐ必要があり、菌には口腔内で快適に過ごすことが出来る状態と言うものがあります。

その為、菌が過ごし難い環境に変えてあげることで口臭の原因を防ぐことができます。
簡単な方法としては歯磨きで、歯磨き粉を使用することで口腔内を中性に変えてあげるだけでも菌が過ごしやすい環境でなくなります。

金が増殖できない環境にすることで始めて口臭の原因を根絶することが出来ますので、まず、簡単に出来ることとして、歯磨き粉を使用しての歯磨きをして口の中を中和し、口腔内を清潔に保ちましょう。

 

バクテリア抑制が鍵を握っています

口臭対策は口腔内のバクテリア抑制が鍵を握り、いかにそれを減らすかが重要でしょう。

バクテリア原因ではない口臭としては、一時的に臭いが発生する飲食物の影響がありますが、これらは時間経過と共に臭いが無くなるので問題が少ないと言えます。

病的口臭と言われる鼻や喉、呼吸器や消化器系の病気が原因のものもあり、こちらは医師の指導のもとで治療が必要なものですから、セルフケアを考えずに病気を治す必要があるものです。

いずれにしても口臭対策は、口腔内のバクテリアを減らす、その為に口の中を清潔にして唾液を促し、時には専門医のチェックを受ける事です。

生活習慣が乱れていると、免疫力低下等によってバクテリア繁殖しやすい状態にもなりますから、毎日規則正しく過ごす事も大切と言えます。

 

スポンサードリンク

-コラム, 口臭サプリ

Copyright© 解約JAPAN , 2019 All Rights Reserved.