2号通信

PDF形式はこちら(修正2号通信)2018.6.6
PDF形式はこちら(2号通信

2018年5月15日

日本交通心理学会会員 各位

日本交通心理学会会長  太田博雄
第83回大会委員長   神田直弥
第83回大会準備委員長 齋藤征士

日本交通心理学会第83回大会のご案内 -2号通信-

新緑の候、会員各位におかれましてはご清祥のこととお喜び申し上げます。
日本交通心理学会第 83 回大会(鶴岡大会)の第2号通信をお届けします。今回は、大会、懇親会、教習所セミナー、ステップアップ講習会をいずれも同一会場で実施します。空港や最寄りの鉄道駅より若干距離のある会場ですので、移動には無料の送迎バスを準備しております。ぜひご活用ください。
大会への参加申し込みは、5月23日までは、ホームページ(http://jatp2018.jp/)より行ってください。当初の 5 月 10 日から延期いたしました。
多くの会員の皆様のご参加をお待ちしています。それでは、6月にお会いできますことを楽しみにしております。

1 会期
日本交通心理学会第83回大会  2018年6月16日(土)~17日(日)
自動車教習所セミナー        6月15日(金)
ステップアップ講習会        6月16日(土)

2 会場
グランド エル・サン(山形県鶴岡市東原町17-7)
https://www.el-sun.com/

3 参加申し込み
 大会ホームページ(http://jatp2018.jp/)からの申込は5月23日(水)までに延長します。
当日に会場受付でも参加申し込みができます。

4 参加費用(当日申し込み)
日交心大会(論文集代を含む)
正会員7,000円、学生会員4,000円、賛助・購読会員7,000円、
非会員8,000円、非会員(学生)5,000円

自動車教習所セミナー(講演集代を含む)
学会員3,000円、非会員4,000円、非会員(学生)3,000円

ステップアップ講習会
学会員6,000円

懇親会費
正会員8,500円、学生会員4,000円、非会員8,500円

5 プログラム
【自動車教習所セミナー】
2018年6月15日(金) 13時30分~17時 クリスタルルーム 受付開始12時30分

12:30~13:30 受付 1階 クリスタルホール前

13:30~13:40 開会あいさつ

教習所部会長 中田隆司(株式会社山城自動車教習所)

13:40~15:10 講演

「人と機械の共生のデザイン~自動運転システムとドライバーの関係」
稲垣敏之(筑波大学副学長・理事)

15:10~15:20 休憩

15:20~16:50 パネルディスカッション
「高齢ドライバーの事故防止に果たす教習所の役割とは」
コーディネータ
石田敏郎(早稲田大学名誉教授)
パネリスト
稲垣敏之(筑波大学副学長・理事)
松浦常夫(実践女子大学教授)
瀬川 誠(山城自動車教習所 交通教育センターR-ism Lab.)

16:50~17:00 閉会あいさつ

【ステップアップ講習会】
2018年6月16日(土)午前9時~午後12時 クリスタルテラス 受付開始8時30分

8:30~9:00  受付 1階 クリスタルホール前

9:00~12:00  発達心理学と研究倫理

講師 大谷 亮(一般財団法人日本自動車研究所主任研究員)

【日本交通心理学会第83回大会】
[大会1日目]2018年6月16日(土)13時20分~18時 受付開始12時

12:00~13:20 受付 1階 クリスタルホール前

13:20~13:30 開会あいさつ クリスタルルーム

大会委員長 神田直弥(東北公益文科大学)
日交心会長 太田博雄(東北工業大学)

13:30~13:40 将来ビジョンWG「研究に関する情報交換ボード」の案内
大谷 亮(一般財団法人日本自動車研究所)

13:40~15:10 講演「交通心理学分野における質的研究への期-接面での体験とエピソード記述法について-」
講師 鯨岡 峻(京都大学名誉教授)
司会 大谷 亮(一般財団法人日本自動車研究所)

15:10~15:20 休憩

15:20~16:50 研究発表 1A、1B
研究発表 1A クリスタルルーム 座長:小菅英恵(筑波大学大学院

15:20~15:35 高齢者講習の講習段階における自己評価の変化の検討
-改正道路交通法前後及び自己評価と指導員評価の比較-
岩城直幸(株式会社水原自動車学校)
大谷 亮(一般財団法人日本自動車研究所安全研究部)
堀川悦夫(佐賀大学医学部地域医療科学教育研究センター)
外川 佑(新潟医療福祉大学作業療法学科)

15:35~15:50 初心運転者教育へのコーチングを取り入れた教育の効果測定
-運転適性検査を用いた講義形式の授業法へのコーチング応用の試み-
三浦利之(鳥海自動車学園)
佐藤一人(鳥海自動車学園)
齋藤宏幸(関東自動車学校)
奥山祐輔(R45・日の出自動車学校)
太田博雄(東北工業大学)

15:50~16:05 高齢運転者のためのメタ認知教育の試み
奥山祐輔(黒井産業(株)R45・日の出自動車学校)
太田博雄(東北工業大学)

16:05~16:20 高齢ドライバーの運転免許返納と公共交通利用意向について
菅原脩平(東北公益文科大学大学院)
神田直弥(東北公益文科大学)

16:20~16:35 移動時の注意不全に及ぼす空間的注意の影響:成人ADHD傾向者を対象として
小菅英恵(筑波大学大学院)
熊谷恵子(筑波大学人間系)

16:35~16:50 討議

16:50~17:00 休憩

研究発表 1B クリスタルテラス 座長:山口直範(大阪国際大学人間科学部)
15:20~15:35 交通警ら活動の効果検証実験(3)―警察官による集中的な監視活動が事故件数に及ぼす影響
中野友香子(科学警察研究所)
岡村和子(科学警察研究所)
小菅 律(科学警察研究所)
木平 真(科学警察研究所)
藤田悟郎(科学警察研究所)

15:35~15:50 ドライバーの制限速度遵守意図の規定因
東 正訓(追手門学院大学心理学部)

15:50~16:05 地方バス会社における安全風土向上に関する考察
須和憲和(株式会社ウエスト神姫・関西学院大学専門職大学院)

16:05~16:20 子どもの交通安全教育は誰がすべきか-公立学校教諭への質問紙調査から-
山口直範(大阪国際大学人間科学部)

16:20~16:35 学習状況下における低学年児童の横断行動と自己評価の関係
大谷 亮(一般財団法人日本自動車研究所安全研究部)
栗山あずさ(一般財団法人日本自動車研究所安全研究部)
橋本 博(一般財団法人日本自動車研究所安全研究部)
伊藤 輔(一般財団法人日本自動車研究所安全研究部)
岡田和未(一般財団法人日本自動車研究所安全研究部)

16:35~16:50 討議

16:50~17:00 休憩

17:00~18:00 総会 クリスタルルーム

18:00~18:10 移動

18:10~20:10 懇親会 ローズルーム

書籍販売(2日間)
フロア等で書籍販売を行います。

 

[大会2日目]2018年6月17日(日) 9時~13時 受付開始8時30分
8:30~9:00  受付 1階 クリスタルホール前

9:00~10:00 部会活動
教習所部会、企業部会(合同開催) クリスタルルーム
テーマ「職業ドライバー教育のこれからの在り方(仮題)」
講演者 島崎 敢(国立研究開発法人防災科学技術研究所 特別研究員)

学校・家庭部会 クリスタルテラス
テーマ「学校・家庭部会の昨年度の活動報告と今後の進め方」
昨年度の活動内容のご報告の後、参加者間で学校・家庭における安全に関する情報交換と今後の課題を議論する予定。

10:00~10:10 休憩

10:10~12:00 研究発表 2A、2B
研究発表2A クリスタルルーム 座長:北折充隆(金城学院大学人間科学部)

10:10~10:25 飲酒による覚醒度及び刺激性希求傾向の変容-ドライバーの人間特性変容に着目して-
三宅宏治(マイクロメイト岡山(株))
木村憙從(マイクロメイト岡山(株))
山本純也(マイクロメイト岡山(株))
新谷卓也(NPO法人)
金光義弘(川崎医療福祉大学)

10:25~10:40 エコドライブに関する意識や行動の変化について
梶原孝則(鶴岡自動車学園)
鈴木洋佑(鶴岡自動車学園)
永井晃一(鶴岡自動車学園)
神田直弥(東北公益文科大学)

10:40~10:55 無信号横断歩道における歩行者の位置とドライバーの運転行動との関連性
加藤麻樹(早稲田大学人間科学学術院)
松下明史(早稲田大学大学院人間科学研究科)
村野良太(早稲田大学大学院人間科学研究科)

10:55~11:10 運転免許の自主返納に関する研究(1)-自主返納判断に至る内的心理モデルの検討-
小嶋理江(金城学院大学非常勤講師)
谷 伊織(愛知淑徳大学健康医療科学部)
北折充隆(金城学院大学人間科学部)

11:10~11:25 運転免許の自主返納に関する研究(2)-環境・状況要因との関連について-
北折充隆(金城学院大学人間科学部)
小嶋理江(金城学院大学非常勤講師)
谷 伊織(愛知淑徳大学健康医療科学部)

11:25~11:40 運転免許の自主返納に関する研究(3)-性格特性および自由記述データと返納意識との関連-
谷 伊織(愛知淑徳大学健康医療科学部)
小嶋理江(金城学院大学非常勤講師)
北折充隆(金城学院大学人間科学部)

11:40~12:00 討議

12:00~12:10 休憩

研究発表2B クリスタルテラス 座長:岡本満喜子(関西大学)
10:10~10:25 職位による不安全行動の発現理由に係る意識の相違
岡本満喜子(関西大学)
朝日龍之介(株式会社PFU)
島崎 敢(防災科学技術研究所)
中平勝子(長岡技術科学大学)

10:25~10:40 佐賀、愛知、千葉の三県警による事故過少報告の特徴
吉田信彌(東北学院大学教養学部)

10:40~10:55 高齢者の交通事故とその防止対策に関する考察
松永勝也(九州大学(名誉教授))
小森弘詞(アイルモータースクール)
山崎奈々子(アイルモータースクール下関)
水野龍宝(アイルモータースクール門司)
原田泰伸(アイルモータースクール門司)
高野清一郎(アイルモータースクール豊前)
重松宏昭(アイルモータースクール豊前)
松村智行(アイルモータースクール豊前)
西 太地(アイルモータースクール博多の森)

10:55~11:10 高齢運転者の特徴について-交通違反・事故者に着目して-
上野彩華(警視庁)
内田千枝子(警視庁)
木下裕美子(警視庁)

11:10~11:25 討議

11:25~11:35 休憩

11:35~12:00 将来ビジョンWG ショートセッション クリスタルテラス「研究に関する情報交換ボード」
司会 島崎敢(国立研究開発法人防災科学技術研究所) 中井宏(大阪大学)

12:10~12:40 部会報告     クリスタルルーム
12:40~12:50 優秀発表賞授与式 クリスタルルーム
12:50~13:00 閉会挨拶     クリスタルルーム
大会準備委員長 齋藤征士(鶴岡自動車学園)

 

6 発表者・座長の方へ

  • 発表者は原則的に備え付けのパソコン(OS:MS‐Windows10、MS‐PowerPoint2016インストール済)をご使用ください。
  • 発表者は6月16日(土)の12時~13時の間、あるいは17日(日)の8時30分~8時40分の間に、発表会場のパソコンにデータをお入れください。
  • 研究発表の時間は、前発表者との交代時間を含めて15分(プレゼンテーション12分、質疑応答2分、交代時間1分)です。ただし、数人の発表終了後に15~20分間のディスカッションの時間を設けています。
  • 発表開始10分後に1鈴、12分後に2鈴、14分後に3鈴を合図としてお知らせします。
  • 発表者は下記の情報を5月31日までに、大会事務局(info@jatp2018.jp)へお知らせください。
    発表者名、スライド作成ソフト(PowerPoint、LibreOffice等)、動画再生の有無、音声利用の有無、持参PC利用希望の有無

7 昼食

会場内にはイタリアンレストラン(CAFÉ & DINING EAST)がございます(48席)。周辺にも食事が可能な場所はありますが、それほど多くありません。6月16日(土)は弁当(事前申込制:1000円)を準備しますので、希望される方は大会ホームページから注文をお願いします。弁当を注文されない場合は、昼食を購入して持参することをお勧めします。

8 交通アクセス

○車でお越しの場合
・JR鶴岡駅より車で8分(徒歩30分)
・おいしい庄内空港より車で25分
・高速道路:鶴岡ICより車で10分

鶴岡駅よりグランド エル・サン

 

庄内空港よりグランド エル・サン

グランド エル・サン

〒997-0801 山形県鶴岡市東原町17-7
TEL 0235-24-4633
FAX 0235-25-2522

駐車場:会場の駐車場(200台)を利用可能です。

 

○タクシー

  • 鶴岡駅から1,700円程度、庄内空港から5,500円程度
  • 庄交ハイヤー TEL:0235-22-0055       URL:http://www.shoko-hire.jp/
  • 出羽ハイヤー TEL:0235-22-1981       URL:http://dewahaiya.com/
  • ハイヤーセンター TEL:0235-22-5155
  • 大和交通      TEL:0235-22-7733

 

○庄内空港乗合タクシー

  • 飛行機の便にあわせて、庄内空港⇔鶴岡市内(市街地区)間を走る乗合型のタクシーです
  • 乗車の前日17:00までに予約が必要です。費用:片道一人当たり1,540円
  • 順路はタクシー会社が決定します。鶴岡市内から乗車の場合、乗車場所の指定は可能ですが、空港に出発30分前につくよう運行しますので、乗車時刻はタクシー会社が指定します。
    庄交ハイヤー TEL:0235-22-0055  URL:http://www.shoko-hire.jp/airport_direct/

○庄内空港リムジンバス

  • 庄内空港~JR鶴岡駅間の運行 所要時間25分 760円
  • 庄内交通 http://www.shonaikotsu.jp/limousine/tsuruoka2018.html

○送迎バス

  • 庄内空港およびJR鶴岡駅、ホテルルートイン鶴岡インターからは、会場まで無料送迎バスを運行します。庄内空港および鶴岡駅にて係の者がご案内します。

【6月15日(金)】

  • 自動車教習所セミナー開始時に合わせた運行
    • 庄内空港(12時10分到着便の到着10分後をめどに、乗客が揃い次第出発)→ グランド エル・サン
    • JR鶴岡駅(12:00、12:30、12:55発) →  グランド エル・サン
  • 自動車教習所セミナー終了後
    • グランド エル・サン(17:00過ぎ) → ホテルルートイン鶴岡インター → JR鶴岡駅

【6月16日(土)】

  • 朝(ステップアップ講習に合わせた運行)
    • ホテルルートイン鶴岡インター(8:15発) → グランド エル・サン
    • JR鶴岡駅(8:15発) → グランド エル・サン
  • 昼(大会に合わせた運行)
    • 庄内空港(12時10分到着便の到着10分後をめどに、乗客が揃い次第出発)→ グランド エル・サン(2台)
    • JR鶴岡駅(12:00(1台)、12:30(1台)、12:55(2台)) →  グランド エル・サン
    • ホテルルートイン鶴岡インター(11:45(1台)、12:20(1台) → グランド エル・サン
  • 夕(大会終了後)
    • グランド エル・サン(17:00過ぎ) → ホテルルートイン鶴岡インター → JR鶴岡駅
  • 夜(懇親会終了後)
    • グランド エル・サン(中締め後) → ホテルルートイン鶴岡インター → JR鶴岡駅

【6月17日(日)】

  • 朝(大会に合わせた運行)
    • ホテルルートイン鶴岡インター(8:15発) → グランド エル・サン
    • JR鶴岡駅(8:15発) → グランド エル・サン
  • 大会終了後
    • グランド エル・サン(13:00過ぎ) → JR鶴岡駅 → (希望があれば、庄内空港)

○オプショナルツアー

6月17日(日)の大会終了後、電車や飛行機まで時間がある方は、鶴岡市内の観光地を巡るオプショナルツアーにぜひご参加ください。
定 員:各プランとも5~20名(先着順。申込期限:5月31日まで)
費 用:昼食代のみ徴収します。各施設への入館料等は各自でお支払いください。昼食代については申込者に個別にお知らせします。1500~2000円程度の予定です。

1.藤沢周平記念館をめぐるコース

藤沢周平記念館は、山形県鶴岡市出身の同氏を記念した文学館です。藤沢周平は架空の藩である「海坂藩」を舞台とした時代小説を多く著していますが、藩の描写は鶴岡がモチーフになっていると考えられています。記念館の位置する鶴岡公園は、かつての庄内藩の本城であった鶴ケ岡城の跡地を整備したもので、隣接する致道博物館は、旧庄内藩主酒井家18代当主酒井忠久氏が館長を務めています。

藤沢周平記念館(入館料320円) http://www.city.tsuruoka.lg.jp/fujisawa_shuhei_memorial_museum/

致道博物館(入館料700円) http://www.chido.jp/

大会終了後(13:00過ぎ)発 → 昼食 → 藤沢周平記念館 → 致道博物館 → 鶴岡駅(16:30頃) → 庄内空港(17:00頃)
「藤沢周平記念館をめぐるコースは」参加希望者がいないため開催しません。

2.クラゲを見よう、加茂水族館コース

鶴岡市立加茂水族館は別名クラゲドリーム館とも呼ばれ、50種類以上のクラゲを展示する水族館です。一時期、来館者数が大幅に減少した際、クラゲに特化した水族館として復活をしたという経緯があります。2012年にはクラゲの種類でギネスに認定されています。館内ではクラゲアイスやクラゲ入りラーメン等、クラゲづくしの食事も可能です。とにかくクラゲですが、魚やアシカもいます。

加茂水族館(入館料1,000円) https://kamo-kurage.jp/

大会終了後(13:00過ぎ)発 → 昼食 → 加茂水族館 → 鶴岡駅(16:30頃) → 庄内空港(17:00頃)

申込み:日本交通心理学会第83回大会(鶴岡大会)準備委員会(info@jatp2018.jp)まで、メールでお申込下さい。その際、帰りの飛行機や電車の時間についてお知らせください。

 

9 大会に関するお問い合わせ

大会ホームページのお問い合わせフォームまたは下記のメールアドレスよりお問い合わせ下さい。
日本交通心理学会第83回大会(鶴岡大会)準備委員会info@jatp2018.jp